憧れのマイホームを手に入れよう|デザイン住宅で満足な暮らしを

家

田園風景を思わせるエリア

メンズ

駅周辺の地名は東大泉

大泉学園と言うと、西武池袋線の駅名とイメージされる人も多いのではないでしょうか。この駅は通勤急行や通勤準急といった途中駅を通過する列車が通過する駅で、朝の通勤時間帯など、通勤急行を利用すれば池袋駅まで約17分のアクセスという事からも、都心へのアクセス環境が高い駅になっています。夢のマイホームでもある一戸建て住宅で永住したいと言う人も多いため、駅周辺の一戸建て物件には注目が集まっています。因みに、大泉学園駅周辺は東大泉と言う町名で、これの西側エリアは西大泉と言う駅名になります。一戸建て住宅を探す場合にはこれらの町名の中で見つけるか、駅から少し離れたエリアの大泉学園町の中で見つけるかといった選択肢があります。

昔は練馬大根の産地でした

大泉学園町周辺は、昔は練馬大根の産地とも言われており、あたり一面大根畑が広がっていたと言われています。近年、農作物の種類が変わっていますが、練馬区エリアの経営耕地の約4割が大泉学園町に在ると言われており、駅周辺とは違った装いを持つエリアになっています。周辺は住宅地の中に畑が点々としている環境になっており、新築一戸建ての数も増えています。大泉学園駅から徒歩約10分の場所を流れる川の向かい側が大泉学園町で、駅周辺から住宅地が広がっており、更に北側に向かう事で畑と住宅地が混在するエリアになっています。住宅が多く在るエリアは閑静な住宅地、畑が在るエリアはのどかな田園風景を思わせる特徴を持つなど、一戸建て住宅で静かな暮らしを実現する事が出来るのが大泉学園周辺の特徴でもあるのです。